テコンドー・ファラン朴武館

header4

兄妹で始めたテコンドー(高橋兄妹) Part1

どうせ習い事をさせるなら兄妹同じことをさせてみたい。兄妹で同じ習い事をするメリットってなんだろう。
もし、そんな風に考えている方がいたら、ぜひこの兄妹のSTORYを読んでみてください。実際に兄妹を通わせてるお母さんにテコンドーを通して子供が成長していくSTORYを紹介してもらいました!

 

テコンドーを始めたきっかけ
早速ですが、兄妹を習わせているお母さんにお話を聞いてみます。高橋家では兄妹でテコンドーを習っていますが二人が始めたきっかけは何だったんですか?
高橋母
しゅんすけは小学4年生の頃に北本道場の練習会場でしていた体験会がきっかけです。色々なサークルの体験会があった中で、たまたまテコンドーの体験をしてみて、その中でミットを蹴った時に指導員の方に褒められたのが嬉しかったようです。その後、本人からテコンドーをやってみたい!と言われたので入会しました。
褒められると嬉しくてやりたくなりますよね。子供ならなおさら。まんまと?指導員の方の作戦にはまりましたね。笑
あやのちゃんが始めたきっかけは何だったんですか?
高橋母
あやのは兄がしていた練習を毎週見に行っていたので、自分もやれるものだと思っていたようです。笑 それと本人は見学していただけなんですが、他の稽古生の人に可愛がってもらって蹴り方とかを教えてもらっているうちにどんどん楽しくなっていたみたいで気づいたら幼稚園年長の時に入会していました。
なるほどー。確かに一緒に練習についていくと色んな人に可愛がってもらえますよね!それも雰囲気の良い道場ならではなんでしょうね。
始める前に不安だったこと
さて、そうしてテコンドーを始めた二人ですが親として習わせる前に不安だったことはありませんでしたか?
高橋母
しゅんすけは性格的に向いているか心配でした。負けてたまるか!というタイプではないと思っていたので、やってみたものの、やっぱりやめる!とならないかどうかが悩みどころでした。そこで、1回体験をした後に見学もさせてもらい本人のヤル気を確認しました。
確かに性格的に向いてるかどうかは気になりますよね。その他に心配な点はありましたか?
高橋母
しゅんすけは喘息と生まれつきの気道閉塞があったので、稽古についていけるかどうか心配でした。
それは心配ですね。。。実際に習い始めてからはどうですか?心配事は解消されましたか?
高橋母
実は習い始める前に武道は胸が強くなると聞いていたのと、姿勢が良くなるということを聞いていたので、最初は辛いかもしれないけど、成長と共にクリアできるだろうと思っていましたた。実際に習わせてみると徐々に症状も良くなっていったので習わせて良かったと思っています。
テコンドーに限らず武道は型稽古等で姿勢を重視しますからきっと効果があったんですね!あやのちゃんは始める前の心配事はありましたか?
高橋母
あやのは当時、幼稚園年長でしたし道場のお兄ちゃんお姉ちゃん達が優しかったので、甘えてしまってちゃんと練習が出来るのか心配でした。調子に乗って練習中にふざけてしまうのではないかと。笑 ただ、普段優しいお兄ちゃんお姉ちゃん達も練習中はしっかりとメリハリをつけてくれたのであやのもふざけたりすることなくしっかりと練習していたので安心しました。
練習中とその他の時間のメリハリはとても大事ですよね。あやのちゃんが練習中にふざけて師範に怒られなくて良かったです。笑
兄妹ならではの出来事
さて、話は変わりますがテコンドーをしていて二人の何か特徴的なエピソードとかはありますか?
高橋母
これは兄妹ならではなのかもしれませんが、試合であやのが決勝戦で完敗して珍しく大泣きしたことがありました。そして、その1週間後にまた大会があったので同じ相手に次こそは勝つ!と気合が入ってお兄ちゃんに「トゥル(型)を見て下さい。」ってしっかりお願いしてました。しゅんすけも、普段は練習を見たりはしませんが、この時ばかりは毎日のように部屋にこもって窓を鏡代わりにして練習に付き合ってました。
そのおかげなのか、次の大会では優勝する事が出来てあやのはとても喜んでました。
兄妹ならではのとても良いエピソードですね!さて、Part2ではテコンドーを始めて兄妹がどんな風に成長したか、テコンドーをしていて良かったことを2人に直接聞いてみたいと思います!!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top