テコンドー・ファラン朴武館

header4

高麗神社 テコンドー演武

2017年9月30日(土)
高麗神社においてテコンドー演武が行われました。

埼玉県日高市の高麗神社は、東アジアの大国であった高句麗から渡来した高麗王若光を祀り、1,300年の歴史を持っており、テコンドー・ファラン朴武館は、1999年の設立以来、高麗神社での様々なイベントに積極的に参加し、特に、高麗神社の第60代宮司 高麗文康さんと友好関係を深めながら、数多くのテコンドー演武を披露して来た。

今回の演武はそのような交流の一環として行われました。

演武前に、高麗宮司より高麗神社についての説明が行われました。

演武一部スタート

全員で基本動作

テコンドーストレッチを披露ミット蹴り

船水師範によるティミョパンデトルリョチャギ(飛び後ろ回し蹴り)

テコンドー演武の後、高麗宮司と、道場生による合気道演武も行われました。

テコンドー演武第二部スタート

全員でティミョパンデトルリョチャギ

有段者による約束組手

ミット蹴り

朴師範が身の守り方を解説

全員でマッソギ(組手)

越谷道場 遠藤二段のティミョトルリョチャギ(飛び回し蹴り)

朴禎祐師範によるサンバルチャギ

全員でチュンムトゥル

朴禎賢師範によるトンイル・トゥル

ブロック割り

演武後は合気道稽古生との交流会が行われました。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top