テコンドー・ファラン朴武館

header4

朴武館紹介

テコンドー・ファラン朴武館とは
テコンドー・ファラン朴武館は、跆拳道創始者 チェホンヒ先生の正統跆拳道を修練し、普及発展させるため、朴禎賢師範により1999年に発足されました。
設立より今日まで5,000名を超える稽古生が入門し、五百名の有段者、二十名を超える師範を育成。
東京、埼玉、神奈川など首都圏を中心に正統テコンドー道場を展開し、中でも、1983年に設立された東京荒川道場は、日本で二番目に歴史のある道場として数多くの全日本、世界大会優勝者を輩出しているテコンドーの名門道場して日本のみならず世界に名を馳せています。
現在は埼玉戸田市に本部を構え、日々多くの稽古生たちが汗を流しています。
また、正統テコンドーを普及発展させるため、道場を展開しています。
 
国際テコンドー連盟(ITF)、日本国際テコンドー協会(ITF-JAPAN)の傘下団体。
役員
  • 会長
    朴禎賢師範6段
 
  • 館長
    朴禎祐師範5段
 
  • 本部長兼正統跆拳道普及振興会委員長
    梅田達哉師範4段
 
  • 技術委員長
    船水健二師範4段
 
  • 国際担当
    奈良岡和子師範4段
 
  • 普及振興
    井上富士夫4段
    許智成師範4段
代表挨拶
pak
パク チョン ヒョン
朴 禎 賢
(六段国際師範)
ファラン朴武館会長
国際テコンドー連盟
ITF競技委員
国際師範・国際審判員A級
日本国際テコンドー協会
ITF‐JAPAN理事
埼玉県テコンドー連盟理事
群馬県テコンドー連盟副会長
荒川区テコンドー協会理事長
正統テコンドーの技術と精神を継承し普及発展させ、文武兼備を目指す。

テコンドー・ファラン朴武館は、1999年1月に創設されてから今日まで、テコンドーを創始した崔泓熙(チェ・ホンヒ)先生の『正統テコンドー』の正しい技術と精神を学び、普及発展させることを使命にして一心不乱に邁進して参りました。
『チャレンジ精神』を合言葉に、常に新しい事に挑戦する姿勢を一貫して貫き、テコンドーの技術と精神を正統に継承しているテコンドー道場として、成長を続けています。
設立から今日まで、テコンドー・ファラン朴武館より、テコンドー最高峰の競技大会である80余カ国が参加するITF世界大会、25の国が参加するアジア大会、全国三百の道場から予選を勝ち抜いて参加する全日本大会などで、優勝、準優勝、3位メダリストを多数輩出する事で、全国トップクラスの成績を残す快挙を成し遂げて来ました。
ファラン朴武館は「テコンドーの技術が高いだけでなく、人間性にも優れ、広く大きな心を兼ね備えた指導者の育成と結束」を最も大切な事として捉えています。このような理念のもと、有段者と上級者たちの『有段者技術研究会』、『審判講習会』、『競技強化練習』など多方面に機会を造り、能力ある有段者、指導者の育成にさらに力を入れています。
また朴武館では、テコンドーを学ぶ人が、正しい技術を修錬する過程で、技術と心、精神が鍛錬され、自信と人格を備えてゆき、様々な分野の社会で貢献できる人が育つのだと考えています。
いいテコンドー指導者が指導する道場は、いい稽古生が育ちます。いい指導者が地域の社会に根付く事で、健全で健やかな青少年たちが育ち、彼らの無限の力が生きて、社会が元気になります。
今世紀、国境を超越して世界がひとつに結ばれるグローバル化時代にあって、インターネットを通じて、ある意味では地球の時間と空間を自由に『情報』で共有出来るようになりましたが、世の中と社会の根本はやはり、「人と人、人の心と心の繋がりが大切」なのです。
テコンドー朴武館は、世界の国境と民族、宗教、思想を超えて社会の根本である「人」を育てるために努力してゆきます。
「礼儀、廉耻、忍耐、克己、百折不屈」のテコンドー五大精神、人を愛し尊重するという「礼に始まり礼に終わる」武道の精神を心の支柱に据えて、テコンドーを修練します。
また、「心は広く、目標は高く、生活は明るく」をモットーに人を育ててゆきたいと思います。
そして、世界中の人々と、そして、かけがえのないテコンドー稽古生、仲間たちが互いに尊敬し、互いに発展するコミュニティーを実現していく事が、私たちテコンドー朴武館の願いであり、また役割でもあると考えています。
文武兼備。教養を備え、体を健全に造る。
『初心』を忘れず、指導者たちが力を合わせて、これからもさらなる発展を目指して、力強く革新と挑戦を続けてまいります。

Return Top