2019年12月15日、荒川遊園スポーツハウスにて第16回荒川区テコンドー選手権大会が開催されました。

出場選手:96名
開催場所:荒川遊園スポーツハウス 地下 1F アリーナ

出場した選手の笑顔が輝く良い大会となりました。

この記事に書いてあること

開会式

大会開始前に審判委員長・船水健二師範による審判ミーティングが行われ進行の最終確認が行わました。

 

開会式の様子

 

挨拶を行う朴禎賢師賢

 

開会式では出場選手を道場毎に紹介。(荒川道場・松井新吾副師範)

 

姜昇利師範へ朴武館より長男出産の記念品を贈呈

試合開始

各コートで稽古生がこれまでの稽古の成果を存分に発揮していました。

少年黄帯の部

 

少年緑帯の部

 

少年赤帯の部

 

成年女子の部

 

ベテランの部

 

団体トゥル

 

3・4段の部

表彰・演武

少年部団体チーム表彰

 

少年部団体チーム表彰

 

ファラン朴武館師範・副師範・指導員による演武

大会後

大会後、荒川道場にて大会打ち上げが行われました。

「跆拳道ファラン朴武館 最優秀師範 2019年」Best Instructor of the year 2019に矢部守重師範(中目黒道場)が選ばれ、記念品が贈呈されました。

最後になりましたが、本大会に関わられた全ての皆様、12月のお忙しい時期にご協力いただきありがとうございました。
皆様のおかげで大会を無事に終えることが出来ました。