2019年12月26日(木)、朝霞道場にて朴武館2019年最後の昇級審査が行われました。

審査日:2019年12月26日
時間:19時30分~20時30分
審査官:朴禎祐師範
進行:土屋稔副師範
受信者:3名

この記事に書いてあること

審査の様子

10級の審査では耳が聞こえない稽古生の方が初めて審査を受けました。

稽古生本人の努力と朝霞道場メンバーの温かいサポートのお陰でこの日の審査を迎える事が出来ました。

6級の審査では小学生一人が受審しました。
普段の稽古を休まずに参加している成果が発揮されたよい審査でした。
4級では小学生の女の子が受審。試割りも無事に成功し充実した内容の審査でした。

結果発表

今回、受審した稽古生全員が昇級することが出来ました。

新しい帯を締めて気持ちも新たに来年からの稽古に励みます。
審査終了後には道場でクリスマス会をしました。
2020年は更に高い目標を掲げ、朝霞道場生一丸となってテコンドーの稽古に励みます。