テコンドー・ファラン朴武館では、家族でテコンドーを学んでいる会員がたくさんいます。
スマホやタブレットなどの普及で家族のコミュニケーションが減りがちな現代だからこそ、テコンドーを通してコミュニケーションを取ることで、親と子両方にとって良いことがたくさんあります。
今回のSTORYでは親子でテコンドーを学ぶことで楽しくてかけがえのない経験をされている善子さんファミリーをご紹介します。

テコンドーを始めたきっかけ

avatar
善子さんがテコンドーを始めたきっかけを教えてください。
avatar
善子さん
息子が先にテコンドーを始め、私も見学している内にやってみたいな〜と思っていた矢先、朴師範が背中を押してくれたのがきっかけです。
avatar
先にお子さんが始められていたんですね!お子さんがしているのを見ると自分もしてみたくなる方は多いですよね。
でも、実際にテコンドーを始めるとなると不安な事などはありませんでしたか?
avatar
善子さん
やはり体力面が一番の不安でした。子供が生まれてからはスポーツらしい事は何もしていなかったので。。。
avatar
なるほど。確かに子育てをしながら運動をするのは難しいですよね。。。
体力面での不安はテコンドーを始めた後に解消されましたか?
avatar
善子さん
道場では帯別のレベルに合わせた指導をしてくださるので、楽しみながら日々のお稽古を重ねてく内に自然と解消されました。
今では多少の事では疲れない体力もついたと思います!
avatar
不安が解消されて良かったです!
テコンドーは帯や稽古生に体力に合わせた稽古内容となっていますので、体力的に不安でも解消される方がほとんどですよね。
昇級審査に臨む善子さん

親子でテコンドーをしていて良かったこと

avatar
続いて親子でテコンドーをしていて良かったことを教えてください。
avatar
善子さん
日常では大人が子供へ教えますが、道場では親子関係なく共に学んでいく同じ立場になる事で、対等に意見を述べ合い、同じ目標に向かい切磋琢磨する。
言わば同志の様な関係になれる事がいいですね。
avatar
確かに日常生活ではそのような関係になることは無いですよね。親子であり同志。いい関係ですね。
その他に善子さんにとって良いことはありましたか?
avatar
善子さん
親子で試合に出れることがとても良い経験になっています。
始めた当初はまさか自分がこの歳で試合に出場する事になるとは思ってもいませんでしたが、今では親子で試合に出るのが楽しくて仕方がありません(笑)
お互い勝てた時には喜びも倍増し、負けた時には次はもっとこうしようと話し合います。
マッソギ(組手)では応援にも力が入り、親子でこんなにも心揺さぶられる経験が出来る事が嬉しく楽しいですね。
avatar
親子で試合に出ることはとても良い機会ですね。
自然に親子のコミュニケーションも増えていくと思います。
ちなみに、息子のたいせい君に何か変化はありましたか?
avatar
善子さん
テコンドーは昇級審査や試合があるので、私が練習する姿を見ながら、「人は学んで努力しなければ何も得られない事」をなんとなくではありますが、知ってもらえたようです。
私がメダルを取れた時に、「ママ練習頑張ってたからだね〜」と言ってくれた時にそう感じました。
avatar
すばらしい成長ですね!
目標に向かって努力することの大切さ。それも一番身近な家族がしていると感じることも多いんだと思います。

今後の目標

avatar
今後のテコンドーの目標を教えてください。
avatar
善子さん
まずは(カッコいい)黒帯を目指しています。いつか黒帯になった時に(え?あのオバさんが黒帯?)なんて思われない様な自他共に認められるカッコいい黒帯になりたいです(笑)
avatar
やはり黒帯は一つの目標ですよね!自他共に認められるカッコイイ黒帯になれるように日々の稽古に励みましょう!
それでは、最後にお子さんがテコンドーをしている親御さんやこれからテコンドーを始めようと思っている方に向けて一言お願いします。
avatar
善子さん
子供の成長ってこんなにも早いのものかと日々感じています。
テコンドーを一緒に習う事でその成長を近くでより強く感じられますし、子供と一緒に汗を流し、共に喜びや苦しみも共有する事が出来ます。
子供が成人した後で振り返ると今この時期が私にとって宝のような物になると確信しています。
それにテコンドーは体力向上、健康面から見てもオススメです!朴武館の道場はどこもフレンドリーで先生方も優しいので大人も気を張らずに楽しめると思います。

たいせい君への質問

avatar
お母さんとテコンドーをしていて良かったことはどんなことですか?
avatar
たいせい君
道場で新しい蹴りとかを習った時にどっちが早くカッコよく出来るようになるかママと競争するのが楽しいです。
あと順番を忘れた時にすぐ聞ける事。でもママが忘れてる時には僕が教えてあげます。
avatar
お母さんに教えてあげてるんですね!えらい!!
おうちで一緒に練習したりしますか?
avatar
たいせい君
はい。おうちに全部の種類のミットもあるし、
特に試合が近いとトゥルを見せっこして変な所を言ったりしています。
avatar
すごいですね!では、最後にこれからのテコンドーの目標を教えてください。
avatar
たいせい君
まずは黒帯になって、全日本大会で金メダルをとりたいです!
黒帯に向けて日々の稽古を頑張っているたいせい君

これからテコンドーを始めよう思っている方へ

親子でテコンドーをすることで、善子さん親子のように親子の絆は確実に深まります。
ファミリーでテコンドーをしている稽古生が多いテコンドー・ファラン朴武館で新しい親子の関係を築いてみませんか?