全日本テコンドー選手権大会9年連続出場

プロフィール※2021年現在

  • 名前:大谷 悟(オオタニ サトル)
  • 年齢:31歳
  • 指導歴:8年
  • テコンドー歴16年

道場

埼玉戸田道場埼玉浦和道場

資格

副師範・国内A級審判員

段位

3段(2005年入門)

経歴

2009年関西オープントーナメントマッソギ(組手)優勝
2010年第5回アジア選手権大会団体トゥル(型)第3位
2016年第27回全日本大会 団体マッソギ(組手)第3位
2019年3段昇段 副師範任命
2019年全日本大会トゥル(型)3段の部 第3位

テコンドーを始めたきっかけ

小学校や中学校の頃に色々な球技を習っていましたが、どれも長く続きませんでした。高校生の時は野球部に入ったんですが、練習がキツくついていけなくて辞めてしまいました。
そんな時に、辛いことがあったらすぐに逃げ出す自分を変えたい、精神的に強くなりたいと思い、格闘技を始めようと思いました。
色々な格闘技を調べたなかで、テコンドーが近代的な武道で力の出し方が科学的に研究されてると知り、体が細くて力が無い私にも出来るのではと思い、家の近くのテコンドー道場に体験に行き、そこで、蹴り技のカッコ良さや道場の雰囲気に惹かれて入会を決めました。

テコンドーをしていてよかったこと

自分に自信が持てたことです。
テコンドーの練習をすることで今まで出来なかったことが出来るようになると成長を実感でき、自信を持つことが出来ました。
また、学校の部活動などと違いテコンドーは生涯続けることが出来るので、道場で知り合った方たちとの交流を深く長く続けられることもよかったことの一つです。

道場の良いところ

試合での勝ち負けなどにこだわらず、武道としてのテコンドーを修練できるところです。

最後に一言

ストレス発散や子供の習い事などきっかけは何でも良いと思います。
新しいことを始めるには勇気が入りますが、変わった自分を想像して一度体験に来てみませんか?