紹介動画

プロフィール※2020年1月現在

  • 名前:梅田 達哉(ウメダ タツヤ)
  • 年齢:50歳
  • 指導歴:20年
  • テコンドー歴25年

道場

東京荒川道場東京足立舎人道場

資格

師範・国内A級審判員
有段者技術研究会 事務局長

段位

5段 (1995年入門)

経歴

2020年1月 5段昇段
2013年9月 師範任命
2010年9月 副師範任命
2010年8月第4回ベテラン世界大会 団体トゥル優勝、三段トゥル第3位、団体マッソギ第3位、個人マッソギベスト8

テコンドーを始めたきっかけ

若い頃から武道をやりたかったが出来ず、25歳の時に思い切って武道を始めようと思い、やるなら足技が華麗なテコンドーをやってみようと、荒川道場に見学に行ってすぐに始めました。

テコンドーをしていてよかったこと

テコンドーを始め、昇級審査、演武など色々なことにチャレンジし、自分に自信が持てるようになったこと。

朴武館の良いところ

少年部から成年部、壮年部と皆、仲が良くなるように、また、一人ひとりのレベルに合わせて無理なく楽しい練習ができるところ。

最後に一言

テコンドーは見た目にも華麗な武道ですが、とても近代的に理論化された武道です。それぞれの能力に合わせ、無理なく段階を踏みながら徐々に上達していきます。自分には無理だと諦めず、一緒にレベルアップして行きましょう。